サービス一覧

日本は、民族の交流が少なかったために、意志の疎通において、それほど意見を積極的に述べません。
また、意見を積極的に述べなくても、意志の疎通が図れますし、それが美徳とさえなっているのです。
そのため日本では、こうした道徳観念のもとにして、教育が行われてきました。
これに対して世界の国々では、民族の交流が多いために、意志の疎通のあり方も日本とは異なります。
例えば、日本のように自分の意見を述べなければ、世界では相手に理解してもらえないのです。
そのため多くの国々では、積極的に意見を述べることが一般的になっています。
それは、教育においても共通していて、ディベート能力を養う授業があるほどです。
もちろん日本では、そうしたディベート能力を養うような授業は、あまり行われませんでした。
しかし、それではグローバル化に対応できません。
そこで最近は、日本でもディベート能力を養う教育が、取り入れられるようになってきています。