サービス一覧

日本は、英語の授業を戦後から積極的に導入しましたが、その効果が不十分だと指摘されてきました。
日本における英語の授業は、小学校では行わずに、中学校から開始することが一般的でした。
しかし、それだけでは効果が十分ではなかったので、何らかの対策が求められるようになったのです。
そこで開始されたのが、それまでよりも早い段階の、小学校における英語の授業になります。
以前の小学校では、ローマ字を教えていましたが、それ以外は英語を教えていませんでした。
これに対して現在の小学校では、低学年から英語の授業を、実施するようになっているのです。
なかでも重視されているのが、英会話の授業を実施することです。
以前までの英語の授業は、英文を書くことを重視してきました。
しかし、英語は言葉であることから、会話を重視するようになってきたのです。
今後の世界は、よりグローバル化が予測されていますので、英会話の教育もより重要になります。